妖怪ドロリンスライム!保存も楽チンで保育園児でも一人で作れるよ

本屋で売っているスライム工作キット
5歳児が本屋で買えるスライムを作ってみたのでレビュー

本屋で見かける工作キットシリーズ、「掴める水」とか「光る泥だんご」とか、色々出ていますよね。子どもの夏休みの自由研究として推しているようです。

学研が出している工作キットシリーズの一つですね。

書店で見かける度に気になっていたのですが、試したことが無かったので、5月の連休に思い切ってやってみました。

感想としては以下の感じです。

  1. 保育園児(年長)でも一人で作れる
  2. 手に付きにくく、部屋を汚さない
  3. ジップロックに入れて冷蔵庫で保管できる
  4. 1箱でスライム2個作れるため、兄弟がいてもケンカにならない

価格は1500円です。お値段はそこそこしますね。

良い点をもう一点あげるとすると、粘土だと乾いてしまったら買い直しですが、スライムはきちんと保管しておくことで乾きません。

それに粘土よりも柔らかく、切ってもくっ付くため何度でも遊べます。

妖怪ドロリンスライムを作ろう

妖怪ドロリンスライムを簡単にご紹介します。

価格¥1,500
取り扱い全国の書店
対象年齢6歳以上
作り方水に粉を入れて混ぜるだけ

作り方

妖怪ドロリンスライムの中に同梱されているのは容器と粉
同梱されている材料

妖怪ドロリンスライムを開けると、画像のように説明書や容器、スライムに粘りを与えたり、固めたりする各種パウダーが同梱されています。

作り方はとっても簡単で、水に順番に粉を入れてかき混ぜていくだけ。

妖怪ドロリンスライムの粉を混ぜている様子
2歳児でも手を添えてあげれば自分で混ぜられます

5歳のお姉ちゃんは一人で混ぜることが出来ましたし、2歳の弟は手を添えてあげてグルグルかき混ぜます。二人ともとっても楽しそう。

妖怪ドロリンスライムは粉を全て混ぜ終わったら手でこねます
うえ〜、グチョグチョだぁ

全部の粉を説明書に書かれた順番で混ぜ合わせたら、手に取って捏ねます。画像は2歳児の弟が僕の手の平の上で捏ねているところ。

固める粉の効果が出てくるまではグチョグチョです。感触が結構気持ち悪い・・笑

妖怪ドロリンスライムを手で捏ねるうちに、だんだんと固まります
段々と固まって手に付かなくなってきます

捏ねていくうちに、段々と固まってきて、最後にはほとんど手に付かなくなります。

冷んやりしていて柔らかく、お餅のような感触です。

妖怪ドロリンスライム完成!
弾力があって良く伸びます

引っ張るとどこまで伸びていくのに、不思議とベトベトしません。これは家具や手を汚さなくて良いです。

※ただ、要注意なのが、服に付いた場合です。水洗いしないと完全には落ちませんでした。5歳ぐらいになると大丈夫だと思いますが、小さい子は要注意です。

うちの子どもは、お姉ちゃんも弟も夢中で遊んでいました。捏ねたり、伸ばしたり、切ってくっつけたり。

保存方法

スライムは放っておくとカビが生えてしまうようですので、付属のビニール袋(口がチャックになっているジップロックのような袋)に入れて、冷蔵庫で保存します。

次に取り出した時は冷えているのでうが、全然固くなりません。

妖怪ドロリンスライムを活用しよう

説明書には、妖怪ドロリンスライムを自由研究に活用する事例が載っています。

同梱されている粉の中には「アツアツパウダー」「ヒエヒエパウダー」なるものがあり、混ぜるとスライムの温度が上がったり下がったりするようです。

混ぜるだけで作れますので、子どもの興味の向くままにやらせてあげて、結果をまとめて自由研究としても面白いかもしれませんね。

子育てスライム

Posted by te-yama