Docker composeを使ってRuby on Railsの環境構築をしてみます。

Dockerでのマウント方法は『ボリューム』と『バインドマウント』があり、ボリュームは『特定の場所(新規に作成したボリューム)』、バインドマウントは『どこでも』コンテナ内にマウントすることができます。

Dockerfileを開くと、この『FROM』から始まっていると思います。このFROM命令によって、ベースとなるイメージを決定します。

最近、Rubyのソースコードを自分のブログに書くことが多くなってきたので、Qiitaのこんな風にカッコ良く埋め込みたいなと思って調べてみました。

・インスタンス変数
・イニシャライザ
・アクセサ
・クラス変数
・クラスメソッド

Procオブジェクト難しくないですか?
僕は今まで出てきたオブジェクトと比較すると使いみちが思いつきませんでした。自分と同じような方もいるんじゃないかと思うので、調べて分かったことを少しずつ、記していこうと思います。 ...

Rubyを勉強していて、テキストエディタとターミナルを行ったり来たりするのが面倒だったので、エディタとターミナルが共存できないか調べてみました。