無印良品の1年中使える雑貨5種を写真付きでレビュー

無印良品で雑貨を探しているあなたへ

無印良品はシンプルなデザインで男女問わず人気があり、ご家庭のどんなレイアウトにもマッチして、しかも安価という3拍子揃ったブランドですよね。

この記事ではそんな無印良品の情報を、ユーザーの声からお届けします。

・1年中使えて、”買って良かったと思える雑貨5種”を紹介
・実際に試した”使い勝手”をお届け

小分けボトル

小分けボトルの画像

こちらの小分けボトルにはハンドソープを小分けにして入れておくのがオススメです。

外出先で、普段から使い慣れているハンドソープで手を洗いたい時や、

お子さんがいらっしゃる場合には、ピクニックや公園で遊んだあと、昼食やおやつを食べる前にきちんと手を洗うことができます。

容量は50ml入るため、ご家庭でご利用になっているハンドソープボトルの6分の1ほど。ポーチにも入るため旅行の手荷物としても優秀です。

歯みがき

歯みがきの画像

無印良品の商品は、基調が白色であるものが多く、こちらの歯みがきも真っ白のデザインです。

味は、ホテルのアメニティに用意されている歯みがきと近いと思います。味の好みは別れるところだと思いますが、ミントのサッパリ感を求めている方には物足りないかもしれません。

歯ブラシ歯ブラシ立ても同様に白色のデザインで揃えることが出来ます。

洗面台が白色である場合は、揃えてレイアウトすると統一感が出て、清潔感も感じます。

歯みがきのレイアウト画像

くつクリーム

くつクリームの画像

こちらのくつクリームの使用感ですが、伸びが良く、革靴、ブーツ、革製品のカバンなどに使用する事ができます。週に1度革靴を磨いていますが、ツヤが保てているので満足しています。

そして、クロスが同梱されているので、クリームを使い切った際にクロスの交換も合わせてできるのが便利です。

汗ふきシート

汗ふきシートの画像

私は30代ですが、この年齢になってデオドラントシートの香りをプンプンさせていることに抵抗を感じるようになりました。

こちらの汗ふきシートはコンビニなどで売っている物より匂いが優しく、いわゆる『学生の頃の部活の匂い』がしません。

スーツで汗をかいた場合などにトイレでサッと拭き取るだけで汗の匂いが消え、ほとんど無香料になるので社会人にオススメです。

内容量も12枚入りは薄く、ビジネスバッグに入れても場所を取らず良い感じです。

雑貨のほか、無印良品のビジネスに使えるこんな記事も書いていますので、合わせて参照ください。

無印良品ビジカジリュックを30代ビジネスマンが7枚の画像で徹底レビューするぞ!