今回はリソースフルルートに対するonly,except,controller,pathオプションを整理してみようと思います。

実際にWebアプリを開発していく中で起きたエラーと、その解消方法を残していこうと思います。そんな中でも今回は、『Railsのモデル定義(DB設計)に誤った時の修正方法』を記載したいと思います。

Docker composeを使ってRuby on Railsの環境構築をしてみます。

Dockerでのマウント方法は『ボリューム』と『バインドマウント』があり、ボリュームは『特定の場所(新規に作成したボリューム)』、バインドマウントは『どこでも』コンテナ内にマウントすることができます。

Dockerfileを開くと、この『FROM』から始まっていると思います。このFROM命令によって、ベースとなるイメージを決定します。

最近、Rubyのソースコードを自分のブログに書くことが多くなってきたので、Qiitaのこんな風にカッコ良く埋め込みたいなと思って調べてみました。

・インスタンス変数 ・イニシャライザ ・アクセサ ・クラス変数 ・クラスメソッド