コンテキストを使うことで、任意のタイミングでバリデーションを行うことが出来ます。 つまり、バリデーションチェックのタイミングを制御することができるのです。

こちらの記事ではHerokuにコンテナをデプロイ、また、マイグレーションを行う手順を記します。

Ruby on Railsでテーブル・モデルを新規作成する際に、作成コマンドを必ず忘れてその度に調べています・・。 なので今回は作業に伴って手順を残しておこうと思います。 私と同じような人のためになりますように・・。

今回は、『バリデーションチェック時のエラーメッセージ を日本語化』したいと思います。 さて今回も、できないことを一つずつ、積み重ねてできるようになっていきましょう!

『ユーザ登録に失敗した場合は、前画面に戻って入力をやり直させたい』 これ、よくある話だと思います。 その場合、『render』ではなく『redirect_to』を使うのが正解だと思われますが、これは何故かについて理由を書いていきます。

このRails Girlsアプリ・チュートリアルを進めることで、以下が体験できます。 scaffoldを使って自由に文章、画像が投稿できる画面を作れる Deviseを使ってログイン、ログアウト機能を作れる Bootstrapを使って作った画 ...

どうも、てーやまです。 前回に引き続き、Railsのルーティング「リソースフルルートにおけるオプション」を整理していきたいと思います。 「only,except,controller,path」オプションについては前回の記事をどうぞ。 今回 ...