モデルクラスのインスタンスを作成しようとすると発生します。原因はカラム名にRubyの予約語が入っているからです。

プログラムを組んでいると, 処理速度が気になったりします. 私もつい最近, 画面レスポンスが遅い処理を何とかしたくて試行錯誤したので, その時に使ったライブラリを紹介したいと思います.

コンテキストを使うことで、任意のタイミングでバリデーションを行うことが出来ます。 つまり、バリデーションチェックのタイミングを制御することができるのです。

ここで学べるテーマは以下の通りです。Rubyにおけるハッシュの作り方 キーワード引数を持つメソッドの作り方 キーワード引数を持つメソッドの呼び出し方

今回は、『バリデーションチェック時のエラーメッセージ を日本語化』したいと思います。 さて今回も、できないことを一つずつ、積み重ねてできるようになっていきましょう!

最近、Rubyのソースコードを自分のブログに書くことが多くなってきたので、Qiitaのこんな風にカッコ良く埋め込みたいなと思って調べてみました。

・インスタンス変数 ・イニシャライザ ・アクセサ ・クラス変数 ・クラスメソッド