コンテキストを使うことで、任意のタイミングでバリデーションを行うことが出来ます。 つまり、バリデーションチェックのタイミングを制御することができるのです。

ここで学べるテーマは以下の通りです。Rubyにおけるハッシュの作り方 キーワード引数を持つメソッドの作り方 キーワード引数を持つメソッドの呼び出し方

今回は、『バリデーションチェック時のエラーメッセージ を日本語化』したいと思います。 さて今回も、できないことを一つずつ、積み重ねてできるようになっていきましょう!

最近、Rubyのソースコードを自分のブログに書くことが多くなってきたので、Qiitaのこんな風にカッコ良く埋め込みたいなと思って調べてみました。

・インスタンス変数 ・イニシャライザ ・アクセサ ・クラス変数 ・クラスメソッド

Procオブジェクト難しくないですか? 僕は今まで出てきたオブジェクトと比較すると使いみちが思いつきませんでした。自分と同じような方もいるんじゃないかと思うので、調べて分かったことを少しずつ、記していこうと思います。

Rubyを勉強していて、テキストエディタとターミナルを行ったり来たりするのが面倒だったので、エディタとターミナルが共存できないか調べてみました。