コンテキストを使うことで、任意のタイミングでバリデーションを行うことが出来ます。 つまり、バリデーションチェックのタイミングを制御することができるのです。

ここで学べるテーマは以下の通りです。Rubyにおけるハッシュの作り方 キーワード引数を持つメソッドの作り方 キーワード引数を持つメソッドの呼び出し方

入力フォームで選択した内容によって、表示・非表示を切り替えるJavaScript