Sassとは何か』『どんなことができるのか』自分の備忘録として、そしてこれからSassに触れる方の参考になるよう、残していこうと思います。