『ユーザ登録に失敗した場合は、前画面に戻って入力をやり直させたい』 これ、よくある話だと思います。 その場合、『render』ではなく『redirect_to』を使うのが正解だと思われますが、これは何故かについて理由を書いていきます。

今回は『ネットワーク』をテーマに 『ブラウザからリクエストした時』と『Webサーバがレスポンスした時』のデータの流れについて調べてみました!